クルーズトレインや観光列車に乗って国内旅行をしてみましょう

多くの鉄道会社で導入しているクルーズトレイン

日本には大手・中小を含めて多くの鉄道会社が存在していますが、複数の会社で導入しているのがクルーズトレインや観光列車です。日本各地を巡る周遊列車として人気の高いクルーズトレインは、JR東日本・JR西日本・JR九州といった会社が導入しており、寝台列車を新たに建造する事によって魅力的なサービスを提供しています。寝台車は、ホテルの高級ルームのような車内作りが一般的で、最後尾のスイートルームは最も高価であるものの、チケットが非常に取れない事が話題となりました。車内でいただく食事は、沿線住民に愛されている食材をふんだんに使ったメニューが多く、レア感や贅沢感を味わう事が出来るでしょう。

地方の観光列車やSLで旅をする

地方の中小私鉄が集客のために実施しているのが、旅客車両を食堂車に改造した観光列車であり、伊豆急行・肥薩おれんじ鉄道・西武鉄道などが導入しています。これらの列車は、お客様が快適に食事をしてもらうために座席数を少なくしており、1列車あたりの定員が100人を超える事はほぼありません。列車は、A駅〜B駅を往復する形式を採用する事が多く、一部鉄道会社ではA駅とB駅を片道で運行するケースもあります。SLは、関東地方を始めとした私鉄で運行されており、乗車券と指定席があれば乗る事が可能です。SLは、ほぼ毎日運行するケースや土休日などの繁忙期のみ運行するケースに分かれているので、乗る予定がある場合は時刻表でチェックしておく事を忘れないようにしましょう。

バイザポートをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です